定期テスト勉強会で、進学塾unitの雰囲気を体験しませんか?詳細はこちらをクリック!

生徒に教わる

アイキャッチ

勉強において、生徒はいろいろな間違いをします。


なかには、

「なぜそういう間違いが起きてしまうのか」

「どうしてその用語を覚えられないのか」

と、指導者の頭を悩ませるようなものもたくさんあります。


ここで生徒に対してどのように対峙し対応するかというところに講師の「姿勢・資質・力量」があらわれます。

生徒が理解できる説明、たとえ話を必死に考え、納得するまで粘り強く向き合う。

言葉にすると単純なことですが、実際はそれほど簡単なことではありません。

勉強を得意にしていく上で、生徒たちには「粘り強さ」が求められます。


それと同様に、ときにはそれ以上に指導者にも「粘り強さ」が求められます。

生徒が「できない」「分からない」とき、指導者はそれを何とかしようとすることで自らの力量を磨いていきます。

どんなときも自分が生徒に教わる気持ちを持ち続けて指導にあたります。

バナークリックで応援をお願いします!

アイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

記事をシェアする
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる