定期テスト勉強会で、進学塾unitの雰囲気を体験しませんか?詳細はこちらをクリック!

テストのよくある落とし穴

アイキャッチ

新年度が始まり、新しい学年の勉強が始まりました。

塾生の皆さんは、授業の小テストでしっかりと一発合格できているでしょうか。

残念ながら不合格になってしまったものは、しっかりと分析をして、できるようにしたいですね。

今回は再テストの勉強方法や、よくある落とし穴についてお伝えします。

目次

1 小テストが返却されてから行うこと

(1)間違えた問題の分析

まず「間違い」にも種類があります。どの問題でどのように間違えたのかを確認しましょう。

① 単純に、基本的な知識が足りなかった
② 知ってはいたが、思い出せなかった
③ 覚えていたが、理解が足りなかった
④ 理解はしていたが、うっかりミスをしてしまった
⑤ ミスはしなかったが時間が足りなかった

① 単純に、基本的な知識が足りなかった

~具体例~
□ その英単語を見たことがなかった
□ 知らない漢字だった
□ 聞いたことがない言葉、用語だった

② 知ってはいたが、思い出せなかった

~具体例~
□ 英単語のつづりを思い出せなかった
□ 漢字をど忘れした
□ 用語や人物名が出てこなかった

③ 覚えていたが、理解が足りなかった

~具体例~
□ 「整数」と「自然数」の区別がついていなかった
□ 「see」と「watch」の違いが分からなかった
□ 「めしべ」と「柱頭」の違いが分からなかった
□ 用語や人物名が混ざってしまった
□ なぜそうなるか、理由が分かっていなかった

④ 理解はしていたが、うっかりミスをしてしまった

~具体例~
□ playの後ろのsをつけ忘れてしまった
□ the をつけ忘れてしまった
□ 符号を間違えた
□ 文字の後ろの2乗をつけ忘れた
□ 「すべて選び」と書いてあるのに、一つしか探そうとしなかった
□ 表面積を求める問題なのに、体積を求めてしまった

⑤ ミスはしなかったが時間が足りなかった

~具体例~
□ 最後の問題まで手がまわらなかった
□ 解けなくて飛ばした問題があった

どうでしょうか。

同じ間違いでも、細かく分類すると様々な間違え方がありますね。

間違え方が違えば、それに対する対処法、練習法も異なります。

次回のブログではその対処法、練習法をお伝えします。

バナークリックで応援をお願いします!

アイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

記事をシェアする
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる