定期テスト勉強会で、進学塾unitの雰囲気を体験しませんか?詳細はこちらをクリック!

苦手なことを頑張るということ

生徒たちはテスト勉強の真っ只中である。

さて、苦手教科を勉強するというのは大変だ。

「分からないことが多い。」

「何から手をつければよいか分からない。」

「興味がわかない。覚えられない。」

「やっていて楽しくない。」

「他の教科をやりたい。」

色々なことを考えながら勉強しているのだと思うと、子どもたちは本当に偉いなぁと思う。

大人でも、苦手なことを頑張るのはしんどい。

「字を書くのが苦手な人にとっての習字」

「運動が苦手な人にとっての球技マラソン」

「歌が苦手な人にとっての合唱練習」

「料理が苦手な人にとっての料理教室」

こういう場面で自分がどういうことを感じ、どういうことを気にして、どういうことを望むか。

それを考えた上で生徒たちと接したい。

塾生たちは、たとえ苦手な教科であってもそれを真正面から克服しようと、一生懸命に取り組んでくれている。

それが決して「当たり前」ではないことを肝に銘じて、塾生の指導にあたりたい。

バナークリックで応援をお願いします!

苦手

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

記事をシェアする
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる