現在、新規生を募集中です。お気軽にお問い合わせください!(今年度の中3の募集は停止いたしました。)

出題者はこうやって問題を難しくしている!

「算数・数学が難しい!」という人は、問題をつくる人が「どうやって問題を難しくしているか」ということを理解しておきましょう。

目次

① 出てくる数を複雑にする

①は「自然数→小数→分数」とか「正の数→負の数」のように、出てくる数を複雑にすることで難易度を上げる方法です。

問題集にある練習問題の並びは、だいたい上記のパターンを意識したものになっています。

生徒

分数が出てくるとミスが増えるなぁ

といったように、自分がどういうパターンでつまずきやすいのかを意識しながら練習しましょう。

② 文字を入れる

②は、算数から数学に変わる中1時に特に注意しなければならないことです。

たとえば「200グラムで800円の茶葉があります。」と言われたら、「あぁ、1グラムあたり4円だな」と分かりますね。

でも「xグラムでy円の茶葉があります。」となると、正答率は一気に下がります。

「文字になるとイメージが湧きにくい」からです。

文字が入ってきても、数字と同じように処理できるように慣れることが大切ですね。

普段から文字が登場したら、「具体的な数字に置き換えて考える」という習慣をつけると良いですね!

③ ヒントと求めるものを入れ換える

次の二つを見てください。

三角形の面積を求める問題
A.三角形の面積を求める問題
三角形の高さを求める問題
B.三角形の高さを求める問題

与えられているものと求めるものが入れ替わっていますね。

たったこれだけの違いですが、Bのほうは正答率が下がります。

(4cmと答えてしまう子がいます。)

「○○から△△を求める」問題が出来たら、「△△から○○を求める」問題もできるようにしておくことが大切ですね。

④ 手順を増やす

これは、応用問題や入試問題に多いですね。

やること一つ一つは簡単であっても、それらが3つ4つと重なるだけで難易度が上がります。

途中式を正確に書いたり、多くの情報を処理したりする能力が試されます。

こういう力をつけるには、普段から「どっしりと腰を据えて問題に向かう」時間を取ることが大切です。

いま手元にある問題集を見てみてください。

だいたい上記のどれかのパターンに当てはまっていると思います。

もちろん他にも何パターンかあるのですが、それは塾長に直接聞いてください(笑)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

記事をシェアする
目次
閉じる