現在、新規生を募集中です(中2生空枠わずか)。お気軽にお問い合わせください!

厳しく、楽しく、温かく

厳しく、楽しく、温かく

塾という場所は「成果」が求められるところだ。

そして成果を出すためには「厳しさ」が必要不可欠である。

たとえば、腹筋を20回やってもお腹は割れない。

50回やって「もう無理!」と思ってから、

そのあとの10回をやるからこそ少しずつ成果が出てくる。

しかし、やはり「厳しさ」だけでは

なかなか継続することができない。

腹筋

そこで必要なのが「楽しさ」だ。

競争やゲーム性、明るい雰囲気や笑いなどの「楽しさ」があると、

続けることがそれほど苦ではなくなる。それどころか少しずつ面白くなってくる。

そしてあるとき、転機がやってくる。

「今日は50回やってもそんなにつらくなかった!」(成長の実感)

「最近、すこし締まってきたんじゃない?」(他者からの承認)

こうなってくると、どんどん成果を求めて自らやれるようになってくる。

だからこそ私たちも真剣に「楽しい授業」「楽しい雰囲気づくり」「成果を実感できる声かけ」を考えている。

義務感を少しでも減らし、みずから頑張ろうと思えるように。

もちろん、こんな風にうまくいくことばかりではない。

生徒に「勉強したくない、やっても無駄」という強い苦手意識があるかもしれない。

そういうときに、すぐそばにいて

「あたたかく見守る」

「地道に声かけをする」

「やる気になるまで待つ」

という「温かさ」があるかないかで大きく成果も変わる。

これはある意味、とても忍耐が必要なことだ。

しかし生徒に忍耐を求める以上、こちらも粘り強く指導したいと思う。

これからも、「厳しく」「楽しく」「温かく」指導をしていきたい。

これからも生徒との、こうした小さなやりとりを大切にしたいと思うものである。



クリックで応援をお願いします

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

記事をシェアする
目次
閉じる