現在、新規生を募集中です(中2生空枠わずか)。お気軽にお問い合わせください!

「頑張れ!!」と「頑張ろう!!」は似て非なるもの

いつからだろう。

いつの間にか、「頑張れ!」という言葉をほとんど使わなくなった。

「頑張れ!」という言葉には、「こちら側とそちら側」のような微妙な距離感が横たわっているような気がする。

少し冷たいような、寂しいような感じがする。

(自分だけだろうか。)

また自分なりに一生懸命にやっている中で「頑張れ!」と言われると、「もうすでに頑張っとるわ!」と言いたくなるときもある。

この二つは似ているように見えて、大きく異なる。

生徒に真剣になってもらうには、まず先生たちが真剣でなければならない。

生徒に明るくなってもらうには、まず先生たちが明るくなければならない。

何事も「率先垂範」。

相手にして欲しいことは、まず自分から、である。

日々の勉強で成果を上げる、受験勉強に打ち克つためには、私たちの頑張りと生徒たちの頑張りの両輪が必要である。

進学塾unitでは、一方的に「頑張れ!」とは決して言わない。

「自分も頑張るから、あなたも頑張ろうね!」というスタンスである。

でも実際のところ、生徒たちの頑張る姿から頑張るエネルギーを与えられていることのほうが多い。

この仕事の素敵なところの一つだと思う。

クリックで応援をお願いします

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

記事をシェアする
目次
閉じる