新規生を募集しております!お問い合わせはこちらから!

第17回 ~知的腸活のすすめ~【便と勉強のアナロジー】

アイキャッチ

(unit通信 2022年10月号バックナンバー)

前回は「不便」について書いた。

今回は尾籠(びろう)な話で恐縮だが「便(うんこ)」について書こうと思う。

「便」の語源

「便利・不便」と「便所・大便」の便は、詳細は明らかになってはいないものの、語源的な繋がりがあるそうだ。

「便」という漢字の本質は、「支障がなく安らか、都合がいい」だとされている。

つくりの「更」は平らにならした様子を表し、そこから「支障がない」というイメージに結びついたのであろう。


この語源、常日頃から便通が悪くウォシュレット至上(しじょう)主義(しゅぎ)過激派(かげきは)の私としては、いささか首肯(しゅこう)しがたい。

しかし、このことは私自身の摂食(せっしょく)過程(かてい)に問題があると思っている。

というのも、とてつもなく早食いなのだ。

適切な咀嚼(そしゃく)がなされぬまま食物を体内に取り込むと、消化器官に余計な負荷がかかるため、胃酸過多になったり消化不良になったりして、健康な便も出なくなる。


現代のファストライフに侵されている私は、排泄(はいせつ)・移動・一人での食事などにおいては、少しでも短い時間で済ませられれば良いと思っているし、そうでない場合には何かを同時進行で行わなければ気が済まず、ただふんばっている時間、ただ運転している時間、ただ食べている時間というのは作りたくない。

マルチタスクにはメリット・デメリットがあり、かえって効率が悪くなるという話もあるが、たとえば排泄中に読書をしたところで、それが原因で便の出が悪くなることもなければ、読書に集中できないということもないような気がする。

私みたいな人間がいるのだから、「スローライフ」が声高に叫ばれるのもさもありなんといったところだ。


咀嚼が消化を助ける

さて、日頃教鞭(きょうべん)をとっていると、アウトプットを前提とした知識のインプットを行っていないように思われる子供を多く見かける。

インプットの段階でしっかりと咀嚼せずに丸飲みしようとするから、適切なアウトプットが行えない。

覚える段階で理解が不十分なまま飲み込むから、思い出すのに苦労するのだ。


丸暗記した知識はアウトプットすることに時間がかかる。

咀嚼不足による消化不良で硬便化してトイレにこもっているようなものだ。

「うんこ」の語源は、いきむ声の「うん」に接尾語の「こ」がついたものであるから(「ひよこ」「わんこ」なども同じ成り立ち)、思い出せずに「うーん」と唸っている時間はある意味うんこ中であると言える(過言です)。




また、食べたものは酵素(こうそ)触媒(しょくばい)(化学反応を促進する物質)として栄養に変わるが、咀嚼によって細かくなることで表面積が増えて栄養もしっかりと取り込める。

しかし、咀嚼が不十分だと未消化のたんぱく質や脂肪が大腸で悪玉菌の餌となり悪臭を伴うガスを発生させる。

これがおならだ。

おそらくおならが臭い人というのは、食事でも勉強でも咀嚼が不十分であるに違いない(過言です)。




そうなってしまったら、勉強においては即効性(そっこうせい)のある浣腸(かんちょう)などないし、そのまま水に流してはならない。

たしかに、力技で覚えなければならない場合もあるにはある。

しかし、そういったいわゆる丸暗記と、じっくりと咀嚼を行ったうえでの「暗記」は弁別する必要がある。

「社会は暗記科目だ」などといった言説には、咀嚼を軽視する姿勢が感じられてならない。


「勉強が嫌いだから丸暗記に頼る」は間違い

消化不良を起こすだけでなく、教科嫌いも引き起こすのも丸暗記の弊害(へいがい)だ。

食事においては、咀嚼して口の中で攪拌(かくはん)すればするほど、舌の()(らい)の中にある細胞がグルタミン酸やイノシン酸などのうま味成分を感じ、副交感神経が優位となって多幸感(たこうかん)が得られる。

勉強も同じだ。

嫌いだから丸暗記になるのではない。

噛まずに丸暗記などしているから、勉強の楽しさが感じられず嫌になるのだ。


丸暗記はメモリ容量を無駄に割く

さらに、丸暗記は脳のメモリーを無駄に割くために、負担が大きくとても疲れる。

社会科を例に挙げると、アンデスの高地でじゃがいもが栽培されていることは丸暗記せずとも、じゃがいもが寒さに強いこと(これもたとえば北海道のジャガイモ生産量が多いことから帰納(きのう)される)、そして標高が高いと気温も下がることから十分推測が可能だ。

出典:農林水産省Webサイト https://www.maff.go.jp/j/agri_school/a_tanken/zyaga/01.html

脳のメモリ容量などこれっぽっちも割いていない。


理解につまずいたときは一度後回しにして時間を置いてから再度挑戦するのもよいだろう。

牛に代表される反芻(はんすう)動物は一度食べたものを再び口内に戻して再咀嚼することで消化を助ける。

「食べてすぐ寝ると牛になる」というが、丸暗記するぐらいなら牛になった方がましだ(過言です)。


まとめ

このように、適切なアウトプットを行おうと思ったら、よく噛まず飲み込むような丸暗記の勉強はご法度(はっと)だ。

よく噛んで、反芻する知的腸活、それこそが正しい「便強」である。

お後がよろしいようで。

この記事を書いた人

生田目
なまため
(イラストは塾生作)

進学塾unitの副塾長。国語・英語・社会担当。2019年には開倫塾主催の全国模擬授業大会の国語部門で優勝。塾において軽視されがちな国語教育の必要性を少しでも感じてもらえるよう、色々書いております。

趣味:ダーツ(カウントアップ860)、釣り(海・川)、野球(西武ライオンズ)

進学塾unitの副塾長。国語・英語・社会担当。2019年には開倫塾主催の全国模擬授業大会の国語部門で優勝。塾において軽視されがちな国語教育の必要性を少しでも感じてもらえるよう、色々書いております。

趣味:ダーツ(カウントアップ860)、釣り(海・川)、野球(西武ライオンズ)

Twitterはこちら @unit_nama

Twitterはこちら @unit_nama

バナークリックで応援をお願いします!

アイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

記事をシェアする
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!